ボートマニア

ボートマニアは、競艇予想と舟券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

宮島競艇全艇フライング2日連続は史上初の珍々事件だった件

2018/02/20

男性

広島県廿日市市の宮島競艇では、2018年2月のスカパー!JLC杯にて、史上初となる全艇フライングが起きましたが、それがなんと2日も続くという珍事件が起きていました。一体何が起きていたのか見てみましょう。

・まず最初は2月5日の第9レースで

最初の珍事発生は第9レースの進入固定戦でした。右横風速4メートルほどのなかで、6艇がエントリーしてスタートを迎えます。内側に3艇、外側から飛ばしてくる3艇がスタートラインに突っ込んでいきました。するとあまりに全艇が速すぎて、コンマ05を上回る非常識フライングになってしまったのです。

すぐさまレースは中止となり、舟券は全額変換というアナウンスが入りました。女性アナウンサーも「参戦した6人全員とも、即日帰郷処分をくだされたというのも、史上初の快挙(?)だったようです。しかしこれは始まりに過ぎませんでした。

・続いて翌日2月6日の第5レースで

気を取り直して翌日のレースは第4まではぬかりなく行われましたが、しかし第5レースでもまた同じことが起こりました。このレースは風が強く吹き付ける満潮の時刻のレースでした。1号艇が欠場して合計5艇で行われたレースで、スタートラインに進入していく瞬間を迎えました。

しかし前日同様、スタートラインを超えてすぐ、全艇がフライングという情報が流れてきたのです。直面したアナウンサーは「なんということでしょう~」を繰り返すばかりでした。

このレースでは、コンマ05を超えてのフライングだった丹下のみが、即日帰郷処分となっていました。前日に比べると、若干控えめな全艇フライングではありましたが、2日連続というのは過去に例がなかったそうです。

・2日連続全艇フライング失格はなんだったのか?

その翌日の2月7日は、3日連続全艇フライングが期待された宮島競艇でしたが、それは結局起こらなかったようです。その代わり、7日に開催されたレースのスタートは、どのレースも若干スタートのし掛けが悪い感じがしたといいます。それは2日も全艇フライング、帰郷祭りになったわけなので、選手も控えめな感じで入るしかなかったのでしょう。

それにしても2日連続というのは過去に例がなかった出来事だそうで、この原因が気になります。そもそも競艇ではフライングギリギリでのスタートの攻防が見せ所にもなっています。

だから誰か1人があまりに飛ばしていることで、周囲が吊られれて飛ばしてしまうということはありがちです。たまたまこの日はみんなが吊られる、飛ばし日和だったというのが、ちまたのボートファンによる見解です。

-関連記事
-, ,

スポンサーリンク