ボートマニア

ボートマニアは、競艇予想と舟券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

競艇漫画の金字塔「モンキーターン」

2017/10/16

ボートレース

■はじめに

皆さんは「モンキーターン」という漫画をご存じでしょうか。「モンキーターン」は、かつて漫画雑誌「週刊少年サンデー」(小学館発行)にて連載されていた競艇漫画です。

作者の河合克敏先生はかつて同雑誌にて「帯をギュッとね!」という柔道漫画を連載されていたんですが、その漫画終了から間を空けずに連載開始されたのが「モンキーターン」でした。

「モンキーターン」は全385話となかなかのボリュームで、単行本は少年サンデーコミックスで全30巻、愛蔵版では全18巻となっています。筆者はサンデー連載分を途中から読み始めたのですが、競艇について全く知らなかった私でも非常に楽しめる作品でした。

この記事では競艇漫画の金字塔、「モンキーターン」について紹介致します。

■そもそも「モンキーターン」って何?

そもそも漫画タイトルである「モンキーターン」とは一体何を指すのでしょうか。言葉としてのモンキーターンとは、競艇におけるターン(旋回)の1つの方法を指します。競艇は広い意味では競馬、競輪と同じく、トラック型をしたコースを規定周分だけ周回して順位を争います

モンキーターンはその旋回の際に、ボートの上に前傾姿勢で立ち上がり、船体の外側を蹴るように回る技術です。外側に荷重がかかり、普通にやるターンよりも高速に旋回する事が可能なのです。なおこの旋回方法、その語源は競馬の「モンキー乗り」に由来しています。

モンキー乗りもモンキーターンも、使用者が枝の上の猿(Monkey:モンキー)に見えるので「モンキー」の名が付いています。

■競艇漫画「モンキーターン」のストーリー

それではいよいよ、競艇漫画「モンキーターン」のストーリー説明に移ります。この漫画の主人公は、豆腐屋の息子、波多野憲二(はたのけんじ)です。

憲二は子供の頃から野球に没頭していましたが、小柄な体格であったために高校生活最後の夏の甲子園予選・東東京大会でスクイズに失敗して敗退してしまいます。

あっけない野球人生の終わりにショックを受ける憲二でしたが、その後「競艇」と運命の出会いを果たす事になります。野球部顧問で競艇ファンの担任と高校OGである女子競艇選手・萩原麻琴に連れられてやってきた競艇場で、憲二は生まれて初めてモーターボートを体験します。

担任と萩原麻琴によって競艇の才能を見出された憲二は、野球を離れ競艇選手として生きる事になるのです。その後、物語は競艇選手の養成所・本栖研修所編、競艇選手編と続いていきます。タイトルにある「モンキーターン」を、当然憲二は習得するのですが、憲二は何と進化した「モンキーターン」を……。

これ以上話すとネタバレが過ぎますので、今回の紹介はここまでにします。「モンキーターン」は非常に面白い漫画ですので、競艇に興味の無い方も是非どうぞ。ハマります。

-関連記事
-, ,

スポンサーリンク