ボートマニア

ボートマニアは、競艇予想と舟券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

競艇が稼ぎやすいと言われる3つの理由

2020/06/16

世間には様々なギャンブルというものがあって、それらを利用して儲けたいと考えている方は多いのではないでしょうか。
有名な所では、競馬や競輪、競艇といったものがありますが、これらの中でも特に稼ぎやすいと言われているのが競艇です。
そこで、競艇が稼ぎやすいと言われる3つの理由をご紹介しましょう。

賭ける範囲が狭いのでとても当てやすい

そもそも競艇も競馬も競輪も、どれもまずは的中させなければ話が始まりません。
しかし、競輪は最大で9台、競馬にいたっては最大18頭の中から予想を選ばなくてはいけませんから、なかなか的中させることは出来ません。
ところが、競艇であれば最大6艇となっていますので、他に比べてかなり予想を絞りやすくなっているのです。
3連単であれば、競馬は最大4896通り、競輪は最大504通り、競艇なら120通りとなりますので、かなり的中させやすいというわけです。

内側が圧倒的に有利なので当てやすい

競艇では、最内枠である1号艇が最も有利と言われていて、高い確率で的中舟券に絡んできます。
何故内側が有利なのかというと、これは単純に最短距離を回って最初のターンを迎えられるからで、最初にターンを終えてしまえば後は進行を邪魔されることはありません。
さらに、競艇は水上で行う競技のため、地上で行う他の2つと違って先を走る艇の影響を大きく受けます。
前を走る艇の起こす波による揺れでバランスを崩され、真っ直ぐ走ることは難しくなります。
よほどの技術差が無ければ逆転は難しく、そういった意味でも内側は有利とされているのです。

配当は決して安くはない

無事的中させるとオッズに応じた配当が出るわけですが、その配当額も決して安すぎるというわけではありません。
やや荒れ程度であっても1万~2万円台は珍しくありませんし、荒れたレースであれば5万、6万となることもあります。
大荒れであれば10万円以上の配当もありますから、うまく的中すれば十分回収が可能です。
競馬のように大荒れ1レースで何百万というのはまずありませんが、それでも当てやすさと回収額を考えれば、競馬や競輪よりもはるかに稼ぎやすい競技なのです。

競艇は、予想も簡単で的中させやすく、そこそこの配当が貰えるというローリスク・ローリターンのギャンブルです。
だからこそ儲けるには最適となっていますから、ギャンブル初心者の方やコツコツ当てて小刻みに稼いでいきたいという方は、ぜひ競艇で勝負してみてはいかがでしょうか。

-関連記事

スポンサーリンク
24BOAT
舟王