ボートマニア

ボートマニアは、競艇予想と舟券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

ボートレースはこんな感じで面白い

競艇、ボートレースの面白さというのは色々とあるのですがまずとりあえずちょっとした豆知識的な事として知っておくべきこととしてあるのが、競艇の管轄は国土交通省です。公営ギャンブルの基本はどこぞの官公庁が管轄にしていて財源にしているということになっているわけですが、ボートレースに関しては国土交通省が管轄しているということになっています。そんな豆知識もそうなのですが、肝心のボートレース自体そのものに関してなのですが、まずは当然ながらボートに乗って順位を決めていくということになるのですが、かなり枠順、並び順というのに強弱がはっきりとしていて、1枠2枠がかなり強いということでも知られています。そしてさらに言えば6艇のモーターボートで競うことになり、極端な話6人しかいないので割と当たりやすいというところが面白い部分と言われています。距離としては、1800mであり、1周600mのコースを左回りにて、3回回ることになります。抜いて抜かれてを繰り返して戦っていくわけですがやはりコーナーを回る瞬間というのがテクニックの見せ所ということにもなりますから、注目したいところです。他の競泳競技にはないスタートの形式が取られておりそれがフライングスタートと呼ばれるものです。競走開始時刻以前から、徐々にスピードを出していき決められた時刻に一斉にスタートラインを横切る、という形になります。始まる前に徐々にスタートに向かって進んでいくわけですが当然早く切ったりした場合はアウトということになるのでここも見どころになります。ボートレースの難しいところのひとつがここにあって、ボートには、クラッチやブレーキは無いのです。つまりは、レバーを使ってスピードを調整していくわけですがレバーを話したら徐々に遅くなるというのはそうなのですがそれでも動いてはいるので止まるということはないわけで、いかにエンジンの回転数を高めている状態でスタートラインを切れるのかがその後のレース展開に思いっきり影響するということになるわけです。スタートが大事なのはどんな競技でも言えることですが特にボートレースは最初がものすごく感じなので注目しておきましょう。とにかく当てやすい、というか、確率的に極端な話、1/6で単勝は当てられるわけです。その上で選手の傾向、もちろん、レース場ごとの特徴なんかを加味しつつ、予想することができるのです。割と当てやすく、当てる楽しみが得られるのは公営ギャンブルの中ではトップクラスでしょう。

-関連記事

スポンサーリンク