ボートマニア

ボートマニアは、競艇予想と舟券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

初心者だけど競艇に興味があるという方へ

2018/07/25

手でお金のサインをする男性

競艇にはいろいろな魅力があるのですが、あまり一般への露出が少ない点がネックです。特に競馬などと比べますと、メジャーシーンでの認知度では非常に大きな差を開けられています。

しかし、競艇には競艇独自の世界があり、独自の魅力があります。また、実は意外と身近に楽しむことができるものでもあるのです。以下にさまざまな情報をご紹介していきますので、競艇に親しむ一助としていただけましたら幸いです。

【競艇に漫画から入るには】

なんでもそうなのですが、その世界への理解を深めるには、その世界を題材とした漫画を読んでみるというのがオススメです。競艇の場合には『モンキーターン』という漫画があります。

これは、90年代から2000年代にかけて、『週刊少年サンデー』に連載された人気漫画です(コミックス版、全30巻。ワイド版もあり)。少年誌のため、あまり大人な世界は出てきませんが、競艇について理解を深めるにはもってこいの漫画といえます。

ストーリーは、あることから競艇選手になることを決意した元高校球児が、競艇選手の養成機関に入り、卒業して競艇選手となったのち、激闘を繰り広げるといったものです。

漫画ではありますが、競艇に関する情報はしっかりしていますので、入門用としては最適です。電子書籍にもなっていますので、興味をお持ちの方は是非ご一読ください。

【競艇の中継を簡単に見るには】

一般での認知度は低いのですが、実は競艇のレースは、さまざまな媒体で見ることができます。まずは、テレビの地上波のローカル放送です。TOKYO MX、サンテレビジョン等で放送されています。また、BSデジタルでは、2つの局で全国放送があります。

それぞれ、BSジャパンとBSフジです。他にはCSでも放送が行われています。スカパー!680ch~687chです。本格的に見たい場合にはCSがオススメですが、それはディープにどっぷりとハマった後でよいでしょう。

ローカル放送で放送されていないエリアでは、まずはBSデジタルでチェックしてみるというのがよいかと思います。ちなみに、テレビ以外にも、スマホやパソコンで見ることもできます。今はこちらの方がお手軽かも知れません。

【競艇に専門誌から入る】

競艇に興味を持たれた場合、専門誌から入るという方法もあります。競艇の専門誌には、『BOAT Boy(ボートボーイ)』『競艇マクール』があります。

このうち、より初心者の方にオススメなのは『BOAT Boy』です。『BOAT Boy』は写真が多く、入りやすい上に、選手インタビューや特集記事なども充実しています。

一般の書店でも見かけることができますので、興味をお持ちの方は是非ご一読ください。

-関連記事
-, , , ,

スポンサーリンク
24BOAT
舟王