ボートマニア

ボートマニアは、競艇予想と舟券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

競艇のテクニック

2017/11/06

グーサインをする男性

競艇ではインコースの勝率が高いと言われていますが、必ずしもインコースが勝つわけではありません。勝つためにはボートを調整して、乗りこなすことが重要なのですが、レースにおいて注目したいのが決まり手です。勝敗を分ける決まり手には大きく分けると3種類あります。

レースにおいて、一番魅力的なテクニックにまくり差しというのがあります。

これは見ていて迫力があるので人気のある技のひとつですが、外側の選手が内側に突入するまくりをするときに途中で動作を変えて差すというもので、リアルタイム動画などを見るとその美しさと迫力に魅了されます。

その次に多いのがつけ舞いというもので、実況などでもよく使われる言葉なので憶えておく必要があります。このつけ舞いですが、自分のボートから出る引き波による張力を利用したもので、これによって内側のボートは波の上を走らなければならないので安定感を欠いて減速してしまいます。

ボートレースではボートの位置だけでなく、そこから派生する波の力も参考にしないとレース展開を読むことができません。

もう一つのテクニックはボートレースが水上の格闘技といわれることを証明するような技で、ダンプという相手のボートにぶつけることで自分のボートを小回りさせるテクニックです。

この技が成功するとインコースをとることができるので勝利する確率が格段に上がります。

それとは逆にされた方は、カーブで膨らんでしまったタイムロスが響いてレースに勝つのが難しくなります。このような駆け引きは3周する間に何度も見ることができるので、選手同士の駆け引きを楽しむことができるでしょう。

知らなければ気がつかないようなテクニックですが、実際には勝負の世界の厳しさを体現したものなので、勝負の行方はこれらのテクニックを駆使して勝ちに徹することができるか否かにかかっています。また競艇のテクニックは進化が続いていて、全速力でターンをする技術やモンキーターンのような高速安定させるテクニックなどが少しずつ増えています。

モンキーターンに関してはバランスが取りにくいので転覆などのリスクがありましたが、選手が工夫を重ねることで昔は危険なテクニックとして指導されていなかった技術が今や数種類に派生して、モンキーターンができるか否かが選手の実力の高さをしめすようになっています。

競艇新聞ではモンキーターンはMまたはmと表記されていますが、このマークの付いている選手は注目に値します。

-関連記事
-, ,

スポンサーリンク
24BOAT
舟王