ボートマニア

ボートマニアは、競艇予想と舟券を当てるために色々な情報を発信するための総合情報サイトになります。

関連記事

ボートレースの基本的なルール

2017/10/16

グラフと模型

ボートレースは6艇で競争が行われて着順などを的中させると配当がもらえる仕組みになっています。6艇というのは競馬や競輪、オートレースなどに比べると最も少ない数なので、的中率も公営競技の中では一番高いとされています。

6艇は全て色が決められていて1号艇が白、2号艇が黒、それ以降の数字はとなっています。レースはスタートラインを通過すると開始されて、1周600メートルのコースを3周して順位を競う競技になっています。

3周というと馬などではスタミナや駆け引きの勝負になりますが、ボートレースの場合はマシンの性能やプロペラの角度、選手の力量でレースが決まります。

様々な雑誌や競艇の書籍などでインコースの1番艇が有利とされていますが、実際には3周する間に勝負を仕掛けられるので実力のない選手がインコースでも勝てません。ボートレースをライブで見ていると他のレースとの違いに気が付きます。

それはスタートのラインです。ボートレースのスタートは一直線上に並んで一斉にスタートするのではなく、スタートラインの後方からスタートをして、ラインを超えた時点でスタートとなるフライングスタート方式が採用されています。

フライングスタートの面白さはレース場にある大時計が0秒になる前に通過するとフライング判定されて払い戻しになったり、1秒以上遅れた場合は出遅れ判定を受けてこれも払い戻しになるのです。フライングや出遅れはレースに参加する事ができないので欠場艇扱いになります。

レースは毎日のように全国で行われていますが、そのほとんどが一般戦と呼ばれるグレードの低いレースです。グレードが一番高いのがSG(スペシャルグレード)というレースで、これは年間に8回だけ行われて選び抜かれた実力派のA1級レーサーだけが出場できます。

また、競馬では一番グレードの高いG1レースは、ボートレースではSGに次ぐ二番手のグレードで年間に35回行われます。SGやG1には原則としてA1級選手しか出られないので、予想が難しく白熱したレース展開が期待できます。

また、最近増えている女子選手のレースについては、G3にオールレディース杯が用意されていて、女の祭典としてボートファンに注目されるレースの一つになっています。

プレミアムG1レースのクイーンズクライマックスは、毎年大晦日に開催されることが正式にアナウンスされているので、獲得賞金の多い上位12人の選び抜かれた女子選手の熱い戦いを観戦することができます。

-関連記事
-, ,

スポンサーリンク
24BOAT
舟王